投稿

5月, 2016の投稿を表示しています

四ツ谷美季「憲法をもっと身近な存在に」

イメージ
19歳・大学生 四ツ谷 美季



北海道出身、2013年中央大学総合政策学部入学。軟式野球サークルのマネージャーを務める傍ら、大手カフェでアルバイトをしている。趣味はダンスとスポーツ観戦。高校時代はチアリーディング部で全国大会に出場した経験を持つ。

Opinion#1 : 私の興味分野✕政治「国が主導で国際交流を活発に」 Opinion#2 : 若者の政治参加「関心がないというより、行動に移せていないだけ」


四ツ谷さんが伝えたい政治に関する意見は何ですか? 憲法改正の問題についてです。もっと前向きに議論をしなければいけないと考えています。 憲法問題に興味をもつきっかけは何だったのですか? 高校1・2年生のときに、札幌弁護士会主催の憲法を考える高校生講座に参加したことがきっかけです。社会科の先生に勧められて、法学に興味のある同級生と参加してみることにしました。高校生でグループを作り、弁護士の方を交えてケーススタディで議論を深めていくという内容です。1年生のときは憲法9条に関して、2年生のときは死刑制度に関して学びました。人の数だけ考え方があるのだと刺激を受けました。また、大学に進学後、1年生で「憲法と人権」という講義を履修し、さらに詳しく学んだことで、憲法問題に対する関心がより高まりました。 時代に合わせた憲法であるべき どうして問題だと思いますか? 日本国憲法が制定されてから60年以上が過ぎています。制定当時の戦後の日本と、先進国の一員として最先端を走る現在の日本とでは、状況が激変しています。憲法自体で言えば、近年は環境やプライバシーなどの新しい人権が主張されていることもあり、考え直さなければならないのです。



特にどの部分に関心があるのですか? 憲法第9条の改正問題です。私は改正賛成派です。 他国と対等になる必要がある 第9条と言えば、平和主義や自衛隊問題ですよね。 はい。過激に聞こえるかもしれませんが、自衛隊をいつまでも軍隊として認めないのは先進国の一員の対応として間違っているのではないかと感じています。決して戦争をしようと言っているわけではありません。他国と対等にならなければいけないということです。防衛の建前と自衛隊の中身という矛盾を抱えているのは、逆に安全保障として危険が伴うのではないでしょうか。

しかし、平和主義は世界に誇れるものですよね? もちろんです。平和主義は日本人に深く根付いた大切な考…